トップ > アート・絵画 > る〜わ > > 和楽シリーズ 喜多川 歌麿 浮世絵 美人画 姿身七人化粧 WR-1010WH-A4 フレームカラー ホワイト サイズ W230×H317×D20mm 750g kar-11670373s4

和楽シリーズ 喜多川 歌麿 浮世絵 美人画 姿身七人化粧 WR-1010WH-A4 フレームカラー ホワイト サイズ W230×H317×D20mm 750g kar-11670373s4 1枚目の画像


商品詳細
サイズA4/W230×H317×D20mm 750g
素材天然木・PET・紙
生産国日本
カラーフレームカラー:ホワイト
サイズ:A4
送料全国一律送料無料
(北海道・沖縄・離島は配達不可)
商品詳細喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ)

1753年(宝暦3年)-1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。 1790 - 91年(寛政2 - 3年)から描き始めた「婦女人相十品」「婦人相学十躰」といった「美人大首絵」で人気を博した。「青楼仁和嘉女芸者部」のような、全身像で精緻な大判のシリーズもあったが、「当時全盛美人揃」「娘日時計」「歌撰恋之部」「北国五色墨」など大首美人画の優作を刊行した。一方、最も卑近で官能的な写実性をも描き出そうとした。「北国五色墨」の「川岸」「てっぽう」や「教訓親の目鑑(めがね)」の「ばくれん」、あるいは秘画に見られる肉感は、決して美しさだけではなく、生々しさや、汚濁もある実存世界へと歌麿の眼が届いていることも知らされる。蔦重との連携の下「無線摺」「朱線」「ごますき」といった彫摺法を用いて、肌や衣裳の質感や量感を工夫した。やがて「正銘歌麿」という落款をするほどまでに、美人画の歌麿時代を現出した。また、絵本や肉筆浮世絵の例も数多くみられる。


■掲載画像と実際の商品は、お使いのモニターによって多少色や素材感が異なる場合があります。■商品サイズは出来る限り正確を期しておりますが、製造ロット等の違いにより多少誤差がでる場合があります。■フレームの角は鋭くなっております。ケガをしないようご注意下さい。
備考※こちらの商品は受注生産品の為、ご注文後のキャンセル、変更はお受けできません。
※こちらの商品は受注生産品の為、出荷までに7営業日程必要になります。
※お急ぎの場合は必ず事前に在庫確認を行って下さい。









商品の仕様、在庫、納期等ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL 072-275-8288

下にございます商品コードをお伝え頂けると、スムーズにご案内が可能でございます。

商品コード:kar-11670373s4


和楽シリーズ 喜多川 歌麿 浮世絵 美人画 姿身七人化粧 WR-1010WH-A4 フレームカラー ホワイト サイズ W230×H317×D20mm 750g kar-11670373s4

商品コード : kar-11670373s4
価格 : 5,621円(税抜5,110円)
在庫有り時は10営業日以内に発送予定
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ